楽天愛車一括査定をする前に下取りと買取の違いを認識しよう

車買取一括査定サイトで買取をすればお得に売却できることはご存知でしたか?

近くの車買取業者やディーラーに下取りをしてもらうよりも、車一括査定サイトを利用して買取をしてもらった方がお得に売却することが出来ます。

車一括査定サイトの中でも楽天愛車一括査定、もとい楽天オートはとても大きな車買取一括査定サイトです。

そこで質問なのですが、下取りと買取の違い、あなたは分かりますか?

今回説明するのは、下取りと買取の違いについて説明をしていきたいと思います。

下取りって?

下取りは車を買い替える場合に車を購入する販売店に、今乗っている車を売って購入する車の代金の一部に充てる事を下取りといいます。

下取りはメーカーや型番、人気や流行に関わらず、家電だと製造年数、パソコンだったらスペックといった下取り基本価格表をベースに算出されますが、中古相場動向にリアルに連動しているわけではないため、市場の値引きに応じた高額な下取り価格というのは提示されにくいです。

下取りは車を購入する販売店で下取りの契約までできるので手間がかからないというところがメリットになります。

また、購入する車と同時に引き渡すことが出来るので、代車の必要がないのもメリットといえます。

買取って?

買取は中古車買い取り専門店などに今乗っている車を売却し、現金を得ることを買取といます。

新しい車に乗り換える場合なら、その得た現金を次の車の購入資金に充てるということが出来ます。

買取価格は中古車業者間のオークション相場を基にし、装備やオプションなども評価の対象になります。

買取のメリットは買取価格であり、下取りよりも買取専門店の買取の方が高額な査定価格を提示されるようです。

その理由は買取専門店は買い取った車を現金化するまでの流通経路が確立されているからだと言えます。

また、自宅まで無料出張査定してくれたり、名義変更などの面倒な手続きもすべて代行して行ってくれるので非常に簡単に車を売却することが出来ます。

下取りと買取はどちらがお得?

金額だけを重視するのならば、買取をしてもらう方が断然お得だと言えます。

車買取業者によって買取価格が違うので、一番高い買取価格をつけてくれた業者に車を売ることでお得に売却をすることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です